マンドリンレッスン

スポンサーリンク
マンドリンレッスン

綺麗な音を目指す練習 左手は強く右手は弱く

マンドリンを弾くと音質が気に食わない。音が汚いと思うことが誰でもあります。綺麗な音は左右の使い方です。左手は弦を強く握りぶれないようにします。右手は脱力を意識します。そうすると綺麗な音質に変わります。
マンドリンレッスン

マンドリンは正しくゆっくり練習しよう

マンドリンだけじゃないですが、楽譜指定のテンポで練習する奏者が多いです。楽譜が弾けるようになるには、ゆっくりしたテンポで練習することが必要です。ゆっくり弾くことで正確なポジションを押さえることができます。正しくゆっくり弾くことが練習の基本と理解しましょう。
マンドリンレッスン

マンドリンの基礎練習 トレモロの回転数は上げすぎない方が良い

マンドリンのトレモロは、高速回転が良い信仰がありますが、むしろ回転数は上げない方が良い演奏ができます。ちょっと回転数が落としすぎかな? と感じるくらいで弾くと楽譜、奏法に注意が行き届く演奏ができます。回転数を上げない練習方法を説明します。
マンドリンレッスン

マンドリンのトレモロは肘で弾く!!・・・みたいなイメージで

トレモロの弾き方は、手首と腕で弾くと良いです。マスターするのに時間がかかりますので効率的に練習します。効率的に練習するには、肘で弾くイメージをもちます。肘で弾くと手首も柔らかくなります。トレモロは肘で弾くイメージで練習しましょう。
マンドリンレッスン

マンドリンの基礎練習 練習始めの5分間で効果を上げる

練習始めは基礎練習することが多いと思います。単純にトレモロ練習したり、スケール弾くだけでは固さをとる以上の効果はありません。基礎練習がきっちりと自分自身の成長につながるようにすつ必要があります。短時間の基礎練習で効果がある練習を説明します。
マンドリンレッスン

マンドリン独奏するためのデュオ奏法

マンドリン独奏曲は無伴奏と伴奏曲があります。無伴奏曲はメロディと伴奏があり、一人で弾きます。一人でメロディと伴奏の両方を弾く弾き方がデュオ奏法です。デュオ奏法をマスターするとさまざまな無伴奏曲を弾けるようになります。
マンドリンレッスン

マンドリンの基礎 右手だけのトレモロ練習

マンドリンのトレモロ練習を説明します。右手だけで開放弦を使った練習ですので、基礎練習にもってこいです。ピッキングからトレモロへの移行練習、重音とコードのトレモロ練習です。
マンドリンレッスン

マンドリンのチューニングは練習である

音叉で2弦を合わせて、他の弦はハーモニクスで合わせると耳が鍛えられます。ハーモニクスの残響音で合わせますので早く合わすことができます。チューナーは素早く合わせることができますが、頼りすぎには注意します。
スポンサーリンク