マンドリンレッスン

スポンサーリンク
マンドリンレッスン

マンドリンのピックはいつの間にか寝てしまう

マンドリンの弾き方は奏者なr誰でも習うものです。ピックを垂直に立てて弾きますが、いつの間にか寝てしまうことがあります。ピックの角度は垂直を意識して弾くようにします。
マンドリンレッスン

マンドリンの基礎練習は時間をかけず簡単にする

マンドリンの基礎練習は毎日行うことが望ましいですが、時間をかけてやる必要はありません。楽譜を弾くのに必要な基礎練習を5分程度行えば十分です。実力がつく基礎練習を簡単に毎日続けましょう。
マンドリンレッスン

マンドリンは左手と右手の動きを合わせることが重要です

マンドリンだけじゃなく楽器全般に言えますが。左右の手の動きをきちんと合わせることが重要です。左右の動きが合えば音が鳴ります。綺麗な音が。ノイズがあるなと思ったら左右の手が揃ってないことが多いです。
マンドリンレッスン

マンドリンを独学で学ぶ

マンドリンを独学で学ぶにはどうすべきか?マンドリンで上達するには、先生に師事することが一般的ですが、その一方で独学で学びプロ並みの奏者になる人もいます。どうやって独学で学ぶか考えてみます。
マンドリンレッスン

マンドリン 左手は強く右手は弱くが最適なのか?

マンドリンを弾くには左手と右手のバランスが重要なのが大事ですが、左右の力のバランスに最適があるか?悩みどころです。左手は強く、右手は弱くが今のところ最適な気がします。この先はわからりませんが・・・いろいろと考えています。
マンドリンレッスン

マンドリン 音が潰れないように弾く

マンドリンを弾くと音がブチっと潰れていませんか?マンドリンは音が伸びないため、すぐに潰れます。潰れずにしっかりと伸ばす必要があります。マンドリン独奏は音が潰れると目立つので、自然に消えるまで左手を押さえて伸ばします。
マンドリンレッスン

マンドリン 5分以内の基礎練習だけはやっておく

仕事、勉強で練習時間がない。よく聞きます。忙しい毎日ですが、マンドリンを弾かないと上達しません。5分もあれば基礎練習ができます。毎日の5分以内の練習を積み上げていけば成長します。基礎練習だけでもしましょう。
マンドリンレッスン

マンドリン 滑らかに弾くことに憧れるけど難しい

ピックを使って弾くマンドリンは、アクセントがつきやすいです。ごつごつした演奏になりやすいですが弾いている本人は気がつかないもの。アップで弾き始める、サウンドホールで弾くなど気を遣って演奏してアクセントがない演奏をします。
マンドリンレッスン

マンドリン フォルテが難しいならピアノを練習する

音量は重要な表現です。フォルテからピアノまで自由自在に操れると表現力が向上します。フォルテは難しいです。日頃の練習環境からフォルテを出せない奏者も多いです。ピアノなら周囲に迷惑をかけません。小さく綺麗な音は聴き手にも感動を与えます。ピアノを練習しましょう。
マンドリンレッスン

マンドリン 右手は添えるだけで弾く

左手で弦を押さえて右手でピッキングする。マンドリンの演奏の基本です。右手は脱力して添えるだけです。添えるだけで弾きます。簡単なようで難しいのが右手です。右手の上達はそのまま演奏能力のアップです。
スポンサーリンク